【布団の干し方】効果的な頻度や時間について

布団でも衣類でも、選択をするときに一番大切なのが、「どうやって乾かすか」という点です。

せっかくきれいに汚れを落としても、きちんと乾かさなければ、逆に洗った時の湿気が原因でダニやカビの増殖に繋がってしまいます。

ここでは、正しい布団の乾かし方を見ていきましょう。

掛け布団を干す頻度について丨日陰干しは週1、天日干しは月1が目安

布団はいつも清潔にしておきたいものですが、掛け布団か敷布団かによって効果的な干し方やお手入れの方法が違います。

布団の中でも掛け布団は敷布団と比べて湿気が少ないので、お手入れは週1でOKです。

週に1度日陰で2時間程度干してあげると、掛け布団の中に入っている綿や羽毛などを傷めることなく、中身をきちんと乾かすことができるため、湿気を抜いて清潔な状態に戻すことが可能です。

さらに、1ヶ月に1回天日干しを行うと日光消毒も行えて効果的です。

表と裏と2時間ずつ丁寧に行うと、中の棉や羽毛もまんべんなく乾きます。

ただし、布が純シルクでできていると日光に弱いので、カバーをかけて直射日光を避け、熱だけを取り入れるようにしましょう。

敷布団を干す頻度は素材(中材)によって少し異なる

敷布団は、毎晩人の寝汗を吸って湿りやすく、その分カビや菌が増えてしまう可能性があります。

掛け布団よりもケアが必要になってくるので、洗濯も頻繁に行いましょう。

しかし、敷布団も、中に詰まっている素材によって干し方が変わってきます。

まず、中の素材が綿の場合、水を吸収しやすく乾きづらいという特徴がありますので、時間をかけて天日干しを行うのが理想です。

週に2回程度、乾かすのにかかる時間は表と裏で2時間ずつかけるとよいでしょう。

一方、中の素材がポリエステルや羊毛の場合、綿よりも乾きやすいという特徴がありますので、日光よりも風通しを重視しましょう。

週1のペースで日陰干しと天日干しをそれぞれ行うのが理想です。

掛布団・敷布団共通丨布団を干す時間帯は日中に(お昼前~夕方前)

それでは、布団を干す最適な時間帯はあるのでしょうか?

布団を干すときに重要視したいのは、日光の当たっている時間帯であることと、湿度が低い時間帯であることです。

通常、日中の11時から17時の間は1日の間でも湿度が低い時間帯と言われていますので、この時間に干すのがオススメです。

また、季節によっても湿度は変わってきます。

夏は湿度が高くなりやすいので、必ずこの時間帯に干すのがオススメです。

早すぎても遅すぎても、湿度が上がり、布団が水分を含んでしまうことがあります。

すると、布団の清潔さを保つためには致命的ですので、気をつけましょう。

また、時間帯だけではなく干すタイミングも大切です。

例えば、雨の日の翌日などに布団を干すことはやめましょう。

次の日が晴れていても、前の日の雨のせいで空気中の湿気が高くなっている可能性があります。

湿気が高い日に布団を干すのは正しい効果が見込めないので、別の日を選んだ方が良いでしょう。

季節別丨布団を干す時の注意点など

湿気や日当たりというものは、季節によっても変わりやすく、布団を干すときに気を付けなくてはいけない点も変わってきます。

ここでは具体的な季節とテクニックを見て行きましょう。

春は花粉やPM2.5に注意!干し袋を活用するのが有効

春は一年の中でも湿気が低く、一見布団を干すのに最適な季節に思えますが、実は花粉やPM2.5が空中にたくさん飛んでいる季節でもあります。

布団を干すときは、必ず布団専用の干し袋に入れることでそれらが布団に付くのを防ぎましょう。

夏は日差しが強すぎるので天日干しは避ける!

夏は日光が強すぎるため、布団の布を傷めてしまう原因になることがあります。

天日干しは避け、日陰干しで布団をキレイに保ちましょう。

また、夏であっても17時以降は湿気が高くなりますので、まだ明るいからと言って、布団を夜まで長時間に渡って干すことは避けましょう。

秋はイネ花粉やブタクサなどに注意丨春同様、干し袋を活用しよう

秋も、春と同じく花粉に注意が必要な季節です。

イネ花粉やブタクサなどの花粉が飛んでいますので、この季節も布団専用の干し袋を利用するのが賢い選択です。

冬は晴れる日が少ないけど、寝汗はかくので定期的に干そう

冬は、気温も低く晴れる日も少ないです。

布団を干すのにはあまり適していない季節と言えます。

しかし、人が寝汗をかく量は季節を通して変わりません。

同じ時間帯(表と裏2時間ずつ)、そして同じ頻度(週1~2回)干すようにするのがオススメです。

また、冬場は布団と外の温度で結露ができ、湿り気が多くなってしまう可能性があります。湿りやすい部分を重点的に乾かすことが大切です。

布団を叩くのはNG丨ダニの数が増えるリスクあり

布団を干したとき、布団叩きでバシバシと布団を叩くのはNG、ということを知っていますか?

布団を叩く目的は、布団の中にあるホコリやダニを外に出すことですが、実は布団を叩くことによって逆効果になってしまうのです。

実際に、布団叩きがホコリやダニを落とすのに効果的なのかを測った実験があります。

布団を叩くことでの布団のダニ除去率は-26%、ダニの排泄物の除去率は-32%です。

除去率が「マイナス26%」「マイナス32%」ということは、逆に増えてしまっているということです。

逆に、掃除機で吸った場合はダニの除去率は39.7%、ダニの排泄物の除去率は48.4%と高くなっています。

布団を叩くことよりも、掃除機で隅から隅まで吸う方が、ダニの除去率は高いのです。

また、布団を叩くとダニやダニの排泄物・ホコリが宙に舞うため、叩いている人間が吸ってしまう可能性も高いです。

もう一つ考えられるダメージが、布団の繊維を傷めてしまう可能性です。

布団を叩くと、ダニが増えてしまったり、布団を傷めてしまったりというネガティブなことが起きる可能性が高いので、止めましょう。

布団を干す時、ファブリーズもかけない方がいい

布団を干すとき、ダニ駆除を期待してファブリーズをかける方は多いのではないでしょうか。

しかし、ファブリーズはダニ駆除に対して効果があるものではありません。

ファブリーズはあくまで除菌効果のある消臭剤ですので、人間の汗や体臭のイヤな匂いを消臭してくれる効果は期待できます。

また、その原因となるカビや菌を除菌してくれる効果はあります。

しかし、残念ながら、ダニは60度以上の熱で熱すること以外、駆除することは不可能なのです。

ですから、ダニ退治のためには布団乾燥機やスチームアイロンなどを使用して高温で温めることが大切です。

一方で、ファブリーズには「ハウスダストクリア」という効果が見込めます。

これは、ダニを直接殺すわけではないのですが、ダニの死骸やフンなどを固める効果があります。

アレルギーは、ダニの死骸やフンが飛び散ることによって起こるケースも多々ありますので、ハウスダストクリアによってそれらが撒き散らされるのを抑える効果があります。

ファブリーズはその液体自体にダニ駆除の効果があるわけではありませんが、布団乾燥機、干すこと、掃除機の使用など、一緒に使うことでその効果を倍増させることが期待できます。

ぜひ、スマートに使用して行きましょう。

まとめ

布団はかさばるのでお手入れは大変ですが、毎日利用するものですから清潔に保つことが重要です。

正しい干し方を知っていると、1回のお洗濯の効果を最大限に引き出すことができるでしょう。

また、季節に合わせたケアや家で簡単にできるデイリーケアも可能になります。

ぜひ、ご自身の生活に合ったやり方で、お布団のケアをおためしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました