【布団の汚れ】ジュースやコーヒーをこぼした時の対処法

布団で飲み物を飲みながらリラックスしている時、ふいにこぼしてしまったということはないでしょうか。

とにかく急いでふき取るのはいうまでもありませんが、完全に取り去るのは意外と難しいですし、あとからシミになっていることも珍しくありません。

そんな時はどうしたら一番良いのでしょうか。

布団になにかをこぼしてしまった時の対処法についてご紹介します。

布団にこぼしがちなモノ丨ジュース・お茶・コーヒーなど

水であればあまり問題はないのですが、こぼしたものが色のついているお茶やコーヒー、また、糖分が含まれているジュースとなると心配になってしまいます。

シミが残ってしまうのも嫌ですし、カビやダニの原因になるのも困ります。

掛け布団は洗えるけど、敷布団は洗えないものが多い

汚してしまったとなると思い浮かべるのは洗濯です。

しかし、掛け布団は洗えるものが多いのですが、敷布団となると意外と洗えないものもたくさんあります。

まずは布団の取り扱い絵表示を確認して、その布団が洗えるものなのかをみてみましょう。

家で洗えるものなら、洗濯機マークや手洗いマークがついています。

洗濯機の容量でおさまるものなら洗濯機で洗えますし、そうでないものの場合はお風呂の浴槽で踏み洗いすることができます。

しかし、水洗い不可という表示がある場合は、家で洗濯することはできません。

家で洗えないとなると、クリーニングに出すかコインランドリーに持って行って自分で操作するかということになります。

しかし、手洗いマークやドライマークがついているものは、コインランドリーのマシンに入れると生地が傷んで、中身が飛び出して使い物にならなくなることがあるので、十分に気を付けましょう。

例えば真綿が入っているものはちぎれてしまうことがありますし、羊毛であれば縮んでしまいます。

布団にジュースをこぼした時の対処法

布団にジュースをこぼしてしまったら、少しでも早く液体を吸い取ることが大切です。

吸水性の良いぞうきんやタオルで液体を吸い取りましょう。

この時、決してこすらないように気を付けます。

そして、水を含ませたタオルなどでふき取り、次に乾いたタオルでその水分をふき取り、ドライヤーなどで十二分に乾かします。こ

ぼした量が少なくて素早く対処できたなら、これで十分ということもあるはずです。

しかし、そうではない場合は布団の洗濯を考えましょう。

自分で洗えるタイプの布団なのか、洗濯機に入るのかを確認し、洗濯機で洗えるのなら一番手軽です。

もしも入らない場合は風呂場で洗うという選択もありますが、結構な労力が必要なので、自信がない人はコインランドリーかクリーニングを選びましょう。

布団にお茶をこぼした時の対処法

お茶をこぼしてしまった場合にも、表面に浮いている液体を吸水性の高いタオルやぞうきんなどで除きます。

その後、お湯で絞ったタオルなどでふき取り、ドライヤーやアイロンなどを当てて完全に乾かしましょう。

内部にまでかなり浸透しているようなら、晴れた日に天日干しをしておくと安心です。

内部はなかなか乾かないので、十分と思ってもさらに干すくらいの慎重さが必要です。

布団にコーヒーをこぼした時の対処法

コーヒーはすぐ適切に処理すれば落ちやすいものですが、時間が経つとしみになってしまいます。

そうなると漂白などをしなければ取り去るのは難しくなるので、できるだけ早めに対応することが必要です。

布団の場合、丸洗いすると手間も時間もかかるので、こぼした部分から広がらないように最初に紐などでしばって洗う範囲を狭めておくと良いでしょう。

テルテル坊主のようにコーヒーがついている部分を独立させ、お風呂場などでその部分のみに水をかけて絞ってを繰り返し、色のついた液体を外に出すようにします。

その後、洗濯洗剤を溶かしたお湯で洗い、再びその液体が完全に外に出るように握りつぶすようにして絞り出します。

さらに、念のため裏返してシミがないか確認してみましょう。

もしもあるようなら、なくなるまで同じことを繰り返します。

シミが見当たらなくても乾いてから浮き出てくることがあるので、何度か洗って絞っておきます。

最後にドライヤーの熱を当て、中まで完全に乾かしたら終了です。

翌日にもシミが残っていないか確認しておきましょう。

しかし、やはり家で洗えるものなら数日は晴れが続く日を見計らって丸洗いすると効果的です。

洗濯機で洗えるタイプなら洗濯機を使い、そうでないなら風呂場で踏み洗いします。

いずれも家での処理は脱水が十分にできないので、数日かけて天日干しをする必要があります。

天気が悪ければ、運ぶのは大変ですが乾燥まできっちりできるコインランドリーに持って行くのがおすすめです。

布団にお酒をこぼした時の対処法

お酒は糖分が含まれているので、布団にこぼした場合コーヒーやお茶の処理では十分ではありません。

まずは、こぼした部分にぞうきんやタオルを当てて出来るだけ吸い出します。

そして、水を含ませたタオルを絞ってこぼした部分を叩きます。

この時、ゴシゴシこすると糖分が中に入り込んでしまうので注意が必要です。

その後、洗濯用の中性洗剤を10倍程度に薄めた液体をタオルに浸して絞ったもので再び叩き出します。

その後、きれいなお湯を含ませたタオルを絞ったもので洗剤液ごと叩き出すようにし、最後に乾いたタオルで水気を取ります。

シミになっていないか確認し、ないようならここでいったんドライヤーの熱を当てて乾かしましょう。

完全に乾かさないとカビやダニの原因になるので気を付けます。

しかし、できれば晴れた日に外で天日干しをするのがおすすめです。

対策として防水シーツを使うのも有効

床やカーペットに飲み物をこぼしても後処理は大変ですが、布団となるとさらに処理は大変になってしまいます。

そのため、よく布団で飲み物を飲むという人なら、対策として防水シーツを敷いておくというのも一つの方法です。

といっても、防水シーツにはさまざまなタイプがあります。

防水シーツは、撥水タイプと防水タイプがあるので、飲み物対策なら防水タイプを選びましょう。

さらに、防水タイプは裏側のポリウレタンがコーティングなのかラミネートなのかでも違いがあります。

値段はラミネートの方が高いのですが、コーティングは蒸れやすく寝心地もいまいちなので、許せる範囲のお値段であればラミネートの方がおすすめです。

また、表面の生地は、シーツの下に敷くのであれば吸水性は少々劣りますが、お手入れが簡単なポリエステルにすると良いでしょう。

シーツを使わないのであれば、吸水性の高いコットンパイル生地がおすすめです。

お手入れは、防水シーツに直接寝ている場合は週に1~2度、シーツと併用している場合は1~2週間に1度くらいお洗濯するようにします。

さらに、防水の範囲も、表面や側面も防水加工のものや、表面のみなどいろいろあります。

飲み物対策なら、洗濯した時に乾きやすい表面のみ加工されているタイプを選ぶと良いでしょう。

まとめ

飲み物を布団でこぼしたら、すぐに対処できればそれほど大事にはならないものの、吸水力のあるタオルがすぐ見つかるとも限りません。

できるだけ早くこぼした飲み物を取り除くというのを基本とし、洗えるタイプの布団であれば、これを機会に布団を丸洗いすると良いでしょう。

また、しょっちゅう飲み物をこぼしてしまうという人は防水シーツが必須といえそうです。

もちろんお手入れはしっかりすることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました