【布団を洗いたい】事前にチェックする部分と洗い方について

布団は洗ったことがないけど汚れが気になるという方は、まずはその布団が洗えるのかどうかチェックしてみましょう。

また、洗う方法もいろいろあるので、布団にとって最適な方法を選ぶと清潔にできて長持ちさせることもできます。

さらに、洗う頻度についても確認しておきましょう。

洗える布団・洗えない布団がある!チェックする方法

布団は洗えるものと洗えないものとがあるので、自分の布団がどうなのかチェックしてみます。

布団にも洗濯タグが付いているので探してみましょう。

洗濯機マークや手洗い表示があれば、自宅でも洗濯が可能です。

もしも水洗い表示が×となっていたら、その布団は自宅で洗うことはできません。

また、ドライマーク表示のものはクリーニングに出します。

洗えない布団を洗ってしまうと、中の綿が固まったりして使い物にならなくなってしまいます。

洗濯表示は2016年12月に一新されているので、購入した時期によっても表示の仕方は異なります。

また、洗えると一口にいっても、自宅の洗濯機で洗えるとかクリーニングでなら洗えるなどいろいろあります。

さらに、洗濯機に入れられなくても、風呂場の浴槽で踏み洗いなどはできるものもありますし、コインランドリーならOKというものもあります。

布団の洗い方は4つ丨洗濯機・お風呂・コインランドリー・クリーニング

洗濯タグが洗える表示なら、次には自分の洗濯機で布団を洗えるのか確認してみましょう。

ドラム式の洗濯機の場合は、布団は洗えないものもあるので、取り扱い説明書を確認します。

無理に洗えば故障の原因になるので気を付けなくてはなりません。

また、シングルであれば5キロの洗濯機で肌掛け布団や敷きパッドが入りますが、掛布団となると7~8キロの洗濯機となるでしょう。

また、セミダブルであれば7~8キロの洗濯機でたいていの布団が入りますし、ダブルサイズの敷きパットでも入ります。

洗濯機に入らない場合は、お風呂場で洗うかコインランドリー、またはクリーニングということになります。

洗濯機で洗うメリット・デメリット

布団が洗濯機で洗えるのなら、もっとも手軽でお金もかけずに済むというのがメリットとなります。

コインランドリーはクリーニングほどではないにしてもお金がかかりますし、大きくて重たい布団を自力で運んで行って、さらに持って帰ってくるのはとても大変です。

それが自宅の洗濯機でできてしまうのですから手軽というより他ありません。

ただし、家にある洗濯機では乾燥は十分に行うことはできないので、物干しざおに干すなどといった手間はかかります。

完全に乾くまでとなればそれなりに日数もかかることはデメリットと言って良いでしょう。

洗濯機で洗う方法

洗濯機が洗えることがわかったら、最初に洗濯槽に洗剤液を作ります。

水をはって洗剤を先に溶かしておかないと、布団にムラができてしまいます。

洗剤は、ポリエステル綿はいつも使っているものを使い、羽毛なら中性洗剤を使います。

布団を縦に三つ折りにし、空気を抜くようにくるくると丸めて布団用の大型洗濯ネットに入れます。

洗濯槽に入れる時には、溜めた水を布団に十分に含ませるように沈めながら入れると浮かび上がってくるのを防げます。

布団が浮かぶとエラーになったり洗濯機が故障することもあります。

洗濯モードは「毛布コース」や「大物洗いコース」を選びましょう。

また、脱水は布団を傷める原因になるので、1分程度を目安にします。

脱水まで終了したら、物干しざおを2本使って間に風の通り道を作って干します。

布団は完全に乾くまで丸2日くらいは見ておいた方が良いです。

表面が乾燥していても、中には水分が残っていることがあり、そのまま使えばせっかく洗濯したのにカビやダニの原因になってしまいます。

お風呂で洗うメリット・デメリット

お風呂で洗うメリットは、洗濯機で洗えない大きなものでも洗えるということです。

洗濯機に入らないとなれば、お風呂で洗うかクリーニングに出すかになりますが、クリーニングに出すと費用が高いですし戻ってくるまでに結構な日数がかかります。

一方のデメリットは、非常に重労働になるということです。

ただでさえ大きくて重たいところ、大量の水分を含ませたものを動かして脱水したり、干す場所まで運んでいかなければならないのです。

脱水が人力であることから運ぶ間にポタポタ水が垂れてしまいます。

お風呂で洗う方法

まずは、布団の表目にシャワーをかけてホコリを流します。

浴槽の半分くらいお湯をためて洗剤を入れて良くかき混ぜたら、布団をたたんで中に浸け込みます。

洗剤液を全体にしみ込ませるので、そのまま30分~1時間程おいてから、足で踏んで中の汚れを出していきます。

これをすべての面をまんべんなく行ったらすすぎです。

壁に押し付けるようにして水分を出し、新しいお湯ですすぎ洗いを繰り返します。

お湯が澄んでくるまで頑張りましょう。

すすぎが終わったら浴槽の壁に布団をかけて1時間ほど脱水し、物干しざお2本に掛けます。

運ぶ時には水が垂れるので、ルートにタオルを敷いておきます。

完全に乾くまでには2~3日かかるので、その間、裏表を入れ替えたりタオルで吸い取ったりすると良いでしょう。

コインランドリーで洗うメリット・デメリット

コインランドリーで布団を洗う最大のメリットは、時間をかけずに乾燥まできっちり仕上げられることです。

その日の内に布団を使うことができますし、クリーニングに出すよりはるかに安く済みます。

一方のデメリットは、大きな布団を持ち運びしなくてはならないことです。

コインランドリーで洗う方法

コインランドリーで洗う時には、型崩れ防止にもなる紐で布団を何か所が縛っておきましょう。

洗剤は付属されていない場合はおしゃれ着用中性洗剤を持参するのがおすすめです。

布団の大きさにあったドラムを選んだら、布団を丸めて入れるだけでOKです。

出来上がったら紐をほどき、乾燥機に移し替えます。

途中で何度か開けて乾き具合を見ますが、中までしっかり乾燥させるにはだいたい60分程度かかります。

クリーニングで洗うメリット・デメリット

クリーニングに布団を出すメリットは、自宅では洗えない布団でもきれいにしてもらえることです。

配送サービスのあるところに頼めば、寝室から玄関まで運ぶだけで良いという手軽さも見逃せません。

もちろん仕上がりもプロの技なのでかなり期待できます。

しかし、費用が5千円~1万円と高くつくことや、2~3週間程度かかることがデメリットです。

クリーニングで洗う方法

クリーニング店に出すと、素材によっても異なりますが洗浄過程で布団の中までキレイにしてくれます。

また、中の綿を柔らかくほぐしてくれるので、弾力が戻って新品のような仕上がりになります。

羽毛もある程度高さを回復させることができるので、ふんわりとした仕上がりが期待できます。

布団の洗濯ってどれくらいの頻度でやればいいの?

布団を清潔な状態に保つには、クリーニングなら2~3年に1度出すのが良いでしょう。

もちろん、使い方次第で汚れ度合いは異なるので、汗っかきの人なら夏には頻繁に洗うのが良いですし、結露が気になるお宅なら冬にも洗いたいところです。

でも、自宅で洗浄となれば乾燥のための天気も気になるので、実際には布団に水分が溜まらないように、敷きっぱなしにしないなど毎日の細かなお手入れが必要といえそうです。

布団を洗った後・クリーニングに出した後の保管方法

布団を洗ったりクリーニングに出した後に保管する時は、すのこを敷くなど置き場所の通気性を確保するようにします。

クリーニングのビニール袋から出し、押し入れの戸を時々開けるなどして新鮮な空気が触れるようにしましょう。

こうすることでダニやカビが発生するのを防ぐことができます。

まとめ

布団を清潔に保つには、自宅の洗濯機やお風呂場での踏み洗い、また、コインランドリー、クリーニングなど、いくつか方法があります。

いずれにもメリットとデメリットがあるので、費用や手軽さ、仕上がり具合などを考えていくつかを組み合わせてみるというのもよいのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました